ネットワーク・セキュリティの問題は、大まかに秘匿性、認証、否認防止、完全性、という4つの密接に関連する領域に分類される。秘匿性は、情報をやり取りしている当事者だけが情報の発生を認識できることで、第三者に情報が渡らないようにすることである。認証は、正当性を検証する作業である。例えば、ユーザ名とパスワードの組み合わせを使って、コンピュータを利用しようとしている人にその権利があるかどうかや、その人が名乗っている本人かどうかなどを確認することである。また、他人のユーザIDやパスワードを盗用し、本来その人しか見ることのできない機密情報を盗み出したり、悪事を働いたりすることをなりすましという。否認防止は、インターネットなどで利用者が事後になってその利用事実を否定することができないように証拠を残すことで、例としてディジタル署名を利用した商取引などが挙げられる。ディジタル署名とは、データのハッシュなどを公開鍵暗号方式により秘密鍵で署名することで、データが改ざんされていないかを公開鍵を用いて検証できるようにするものである。完全性は、悪意のある人間からの情報の改ざんを防いだり、間違いから保護したりすることである。